どうすればゲストに喜んでもらえる!?結婚式のおもてなしアイディア!!

結婚式の準備で使えるアイディア

結婚式は新郎新婦が招待客をおもてなしする場であり、それは準備の段階ではじまっています。何かとバタバタしがちなので、自分のことで頭がいっぱいで準備の段階での気遣いができていないということもあるでしょう。まずは、招待状を送る前には、電話やメールなど気軽に連絡が取れるこの時代だからこそ、大切なゲストには事前に連絡をいれましょう。招待状をおくる旨を知らせる気配りは喜ばれるものです。また、可能であれば、事前に当日のタイムスケジュールも伝えてあげるといいでしょう。開始時間以外にも終了時間から二次会までの流れも連絡しておくと、ゲストも予定を調整しやすくなります。子連れのゲストにはベビーベッドやチェアの希望やお子様ランチの有無も確認してあげると気兼ねなくゲストが参加できますよ。

結婚式当日に使えるアイディア

結婚式当日はゲストを飽きさせない参加型の演出を準備するとだれもがハッピーになれるでしょう。花嫁の母によるベールダウンやブートニアを父に送るのはよく見かけられるようになりましたが、人前式であれば、ゲストが結婚の証人になるので、拍手だけでなく、まるバツキャンディーなどのなにか承認用のアイテムを準備して、ゲスト全員参加のユニークなものにしてみましょう。結婚証明書にゲストの拇印をおしてもらい、オリジナルの証明書としてもいいでしょう。ほかにも、身近な先輩夫婦や両親のバウリニューアルタイムをもうけ、自分たちの結婚式を機に、改めて新たな誓いの場を設けてあげるのも喜ばれるものです。

ウェルカムタイムで使えるアイディア

挙式後からパーティまでのひと時であるウェルカムタイムも二人のおもてなしでより楽しい時間にするといいでしょう。バルーンリリースで全員で幸せ祈願をしたり、幸せを運ぶといわれるパラシュートベアなどの演出も喜ばれます。また、写真を撮ることが多い、結婚式ですが、ふたりと記念撮影できる時間は意外と少ないものです。ゆったりと時間をとって、ゲストと最高の一枚を撮っていきましょう。もし、外でウェルカムタイムを過ごすことになる場合には、夏には扇子、冬にはカイロなどのグッズを用意しておき、配ってあげると喜ばれますよ。ほかにも、替えのストッキングや綿棒、ハンドクリームやヘアピンなどアメニティグッズをトイレに用意しておけば女性ゲストにとってお直しグッズが準備してあると心強いものです。さまざまなおもてなしの方法がありますから、自分たちなりに感謝の気持ちを伝える方法を模索してみましょう。

結婚式場を神奈川で探す場合、横浜・新横浜エリアに目が行きがちですが、個性的なウェディングにしたいのなら江ノ島や箱根を検討してもいいのではないでしょうか。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.