結婚したら男性側の姓一択?苗字は二人で選んで決める時代!

嫁に行く=夫の姓を名乗る、はもう古い!

珍しい苗字で長年過ごした人ほど、ありふれた苗字にやたらと憧れを抱いているものです。その逆もまた然り、カッコイイ漢字のなんて読むかすぐにはわからないような苗字にも憧れたりしますよね。結婚をすると、どちらか、もしくはどちらも苗字が変わります。それはどういうことなのか?今回はそこに的を絞ってみようと思います。まず一般的なのが「夫の姓」つまり女性側が今まで名乗っていた姓を捨て、お嫁に行くというイメージになります。

では、妻の姓を名乗る=婿を迎えるになるのか?

妻になる人の親族に男性(後継)がいない場合、名を残す意味で妻の姓を選ぶ場合がありますよね?でもこれ、必ずしも婿養子になるということではないんです。知ってましたか?婚姻届には夫と妻どちらの姓を選ぶか?ということでチェックをする項目があります。この時、大多数の人が夫にチェックを入れるだけで、妻にチェックを入れれば単純に妻の姓を新しい世帯の苗字として名乗れるんです。ここで注意したいのが、戸籍謄本。妻の姓を選ぶと、必然的に新しい戸籍の筆頭者が妻になるんです。この筆頭者というのは、インデックスの扱いになるだけなので、戸籍謄本に記載される順番が一番上になるというだけのことです。住民票は世帯主というものがあり、その人(一般的には夫)が一番上に来るようにできますが、戸籍は婚姻届で姓を選んだ時点で決まってしまいます。夫が妻の両親と養子縁組の手続きをして、それから入籍をする場合にはもう二人共同じ苗字になっているので、筆頭者にしたい方にチェックを入れます。立場や順序に強いこだわりがある場合やプライドの高い夫の場合には、やはり婿養子という手段が、手間はかかりますがおすすめですね。

どちらかの母方の旧姓を名乗る!

意外と望む人が多いのが、この方法です。どちらも名乗ったことのない苗字だが、馴染みはある名前。それが母方の旧姓、つまり祖父母の苗字ですね。本当に珍しいから、小さい時からかっこいいと思っていた、だからもし両親が離婚したらお母さんについていこうと思っていた…なんて思ったことはありませんか?でも現実的じゃないし、と諦めるのはまだ早いですよ!これは両家の両親ともよく話し合わなければ決められないことですが、選ばれた方の母方はわりと喜んでくれるものです。もしこの方法を選んだら、祖父母もしくは母方の男兄弟と筆頭者にしたい方が養子縁組を組めばいいのです。この際、養子縁組を組むと遺産相続権などややこしい親族間のいざこざに巻き込まれたり、警戒されたりということがあるので、そこはきっぱり棄権しましょう。こういった問題点や、養子縁組の手続き、二人分の名義変更の手続きが必要になるなど選択しづらい方法だとは思いますが、苗字を選べる!というイベントが結婚にはあってもいいと思いませんか?

一生残るアイテムだからこそ、エンゲージリング選びは慎重に行うことが大切です。専門のジュエリーショップを利用して、できるだけ満足度の高いものを選ぶとよいでしょう。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.